10分でわかる世界史Bの流れ!中世ヨーロッパ(3)〜封建制度と荘園制〜

中世ヨーロッパの基本制度、封建制度と荘園制を理解しよう!

みなさん、日本の武士はご存じですか?

彼らは、主君に非常に忠実で、一人を主君に据えたなら二度と裏切らない絶対関係で結ばれていますよね。それが、日本人の美徳でもあり現在までの基本性格を型作っています

彼らの関係は、御恩と奉公と呼ばれていて、土地を与え与えられる主従関係=封建制度と言いました

ヨーロッパにもこのような封建制度と似た制度がありました。同じく封建制度と呼ばれているのですが、少し形態が異なります。

ヨーロッパの封建制度とはどのようなものなのかをしっかり理解しておきましょう!

ヨーロッパの封建制度とは?

Rolandfealty

ヨーロッパの封建制度が生まれ始めたのは、ローマ帝国が滅び、ゲルマン人やノルマン人などが暴れまわった時代。つまりは、乱世です。ローマ帝国という巨大な民衆を守ってくれる力はもうありません。

古代から土地は人間にとって最も重要な財産でした。なぜならそこで穀物を育てて生きていくことができるから。

しかし、乱世となるとその土地を自力で守れるか非常に怪しくなります。蛮族に土地を強奪される危険性が高いのです。そこで土地を持っていた皇帝、諸侯、聖職者たちは自分の土地を守るために、家臣を雇います。

土地を所有している主君は、土地を家臣に貸し与える代わりに、自分の身や土地を守ってもらいます。
一方の家臣は、土地を授かりそこで生きていく代わりに、命がけで主君を守ります。
そしてこの関係は世襲され、長い期間続きます。

このヨーロッパの封建制度の起源は、ローマ帝国時代の恩貸地制とゲルマン人の従士制が混じり合ってできたものです。(センターによく出ます)
恩貸地制とは、ローマ帝国崩壊直前の混乱期に力のない平民の土地所有者が、その地域の有力者に土地を差し出した後にまた土地を借り受ける制度です。
土地をマンガに変えて説明すると、うちの家なんか燃えちゃいそうだしマンガ預かっといてよ!その代わりそのマンガお前の家で読むからさ!ってな感じです。
ゲルマン人の従士制とは、日本のように平民が自分の身を守ってもらう代わりに、その地域の有力者に忠義を尽くすことです。

ここまでの封建制度は日本でも同じですよね!土地を仲介とした主従関係=封建制度です!

しかし!ヨーロッパの封建制度はここからが一味違います!ポイントは、双務的な契約関係であったことです

難しい言葉ですが、意味はすごく簡単です

家臣は何人もの主君と主従関係を結んでよく、さらにその主従関係は「何をすべきで何をしてはいけないのか」あらゆることが文書で事細かに決められていました。これを双務的な契約関係と呼びます

つまり他の家臣に浮気してもいい!けど「やっていいこと悪いこと」は契約で決められていたってこと!

日本では複数の主君に仕えると裏切りとみなされ切腹!さらに主従関係も信頼関係で結びついているので、契約関係というドライな感じではありません。
ですが、ヨーロッパでは複数の主君に使え、その関係は契約で厳密に定められてました。

同じ封建制度でもこのように違う。今の日本人とヨーロッパ人の道徳や倫理観に非常に結びついているような気がしますね。

中世ヨーロッパの荘園制とは?

feudalism-manor_2

次に荘園制の解説です。次は、主君でも家臣でもない、その更に下の身分である農民に話が移ります。

主君や家臣は封建制度によって土地を所有しているので、領主と呼ばれます。
そしてこの領主が所有する土地を荘園と呼び、そこで働きに農民が集まってくるのです。農民は土地を持ってないので、一人でいたら餓死しちゃいますからね。

領主は農民を蛮族から守ってあげる代わりに、所有する土地で働くことを求めます。
荘園制での農地は3種類にわけられます。
領主の直営地では、農民が賦役して土地を耕します。=労働地代
少ないですが農民の保有地では、当然農民自身が土地を耕します。そこで取れたものは領主に貢納します。=生産物地代
さらに農民の共有地もありました。

領主の直営地で農作物を耕し、自分の保有地でも土地を耕し、しかもとれた作物の一部を地代として領主に納める。
労働地代と生産物地代を課せられ、奴隷のように働かされた農民のことを農奴と呼びます。

農奴という名前からわかるように、荘園制下での農民の扱いはひどいものでした。

農奴たちは、結婚税や死亡税などというふざけた税金を課せられていました。結婚税なんてひどいもんです。領主には初夜権というものが存在すると主張し、新婦と初夜を迎えたければ新郎は金を払え、さもなくば・・・。という税金です。
さらに、領主への地代に加えて、教会へも税金を払う十分の一税なんてのも。税金づくめで経済的に農民は悲惨な生活を送っていました。

さらに、先の初夜権なんてのが横行してた世界ですから農奴に権利なんてものはほとんどありません。
職業選択の自由も、移動の自由も認められていませんでした

荘園はほぼ国から独立した1つの国家のような状態でした。農業や工業は全て荘園内で自給自足され、領主は国家の役人たちが荘園内の農奴たちに課税をかけるのを拒否する権利も持っていました。不輸不入権といいます。
さらには領主たちは俺ルールで、農奴たちを裁く権利も持っていました。領主裁判権といいます。
土地を基本単位とし、食べ物や工業製品といった衣食住を生成し、ルールも権利も義務も裁判権も課税権もあらゆるルールを敷くことができた領主。国の力も及ばないので、やりたい放題だったことでしょう。農民には辛い話ですね。

中世ヨーロッパでの騎士道精神の発達

10_Medieval_Knight_Facts

日本の武士道のように、封建制度・荘園制が発達すると、主君に忠義を尽くすことを美徳とする騎士道精神が家臣側に産まれます。

不思議ですよね。でもこれ必然なんです。それは、主君の側に立てばわかります。

主君としては当然全ての家臣が自分に忠実に尽くしてくれれば良いのですが、長いこと世襲が続くとその信頼感は薄れていきます。裏切られて殺され土地を奪われるかもしれません。
そこで、主君側が自分に尽くすものを讃え、騎士道(武士道)を持った立派な家臣だと褒める。周りの家臣にも、主君に忠義を尽くすことは良いことなのだという倫理観を埋め込めば、裏切り者がでる可能性が減るのです。

封建制度と荘園制度のまとめ

空白ページ

まとめるとこんな感じですね。全ては中世ヨーロッパという混乱した世の中で生き残るために生み出されたシステムなのです。